画像処理・臨床検査・生産管理の株式会社システムインフロンティア

株式会社 システムインフロンティア

文字サイズ

flag

ホーム  >  新着情報  >  新着詳細  >  1/10の撮影枚数で三次元電子線断層撮影を実現

新着情報

1/10の撮影枚数で三次元電子線断層撮影を実現


1/10の撮影枚数で三次元電子線断層撮影を実現

~世界初、圧縮センシング法による画像再構成ソフトウェアを製品化~


国立大学法人筑波大学(以下、筑波大学)、国立大学法人九州大学(以下、九州大学)、弊社は、JST先端計測分析技術・機器開発プログラムの一環として、 世界に先駆け、圧縮センシング法による画像再構成アルゴリズムを搭載した電子線CT(Computed Tomography、断層撮影)用ソフトウェアを開発し、製品化しました。このソフトウェアにより、三次元再構成に必要な撮影枚数を従来の1/10から 1/20程度に減らすことが可能となり、撮影時間の短縮のみならず、電子線CT観察のネックとなっていた、電子線照射による試料の損傷や汚れの誘起といっ た問題の解決が期待されます。


詳細は、こちらのサイトをご覧ください。


http://www.jst.go.jp/pr/announce/20141014/index.html


三次元構成ソフトに関しましては、こちらのサイトをご覧ください。


https://www.temography.com



 


 

 一覧へ戻る