画像処理・臨床検査・生産管理の株式会社システムインフロンティア

株式会社 システムインフロンティア

文字サイズ

flag

ホーム  >  製品紹介  >  受託開発  >  ハードウェア

ハードウェア

ハードウェア

ハードウェア

高速A/D変換,アナログ/デジタル混載回路設計,FPGAを用いた回路などコンパクトで高性能なシステムの提供を行います。

特徴


CPUボード設計

VMEbus, CompactPCIbusに準拠したCPU基板 や カスタマイズ基板の製作/開発が可能です。68K, PowerPC, SH-4のCPU実績、VxWorks、組込みLinux、ITRON等のOS使用実績があります。この技術を利用して、お客様の要求仕様に合わせた開発受託にもお応えします。

高速演算ボード設計

高速演算を実行するには、パソコンで用いる汎用CPUでは速度が足りない場合があります。また、非常に多くの電力を消費します。この問題を解決する一つの手段として、FPGA(Field Programmable Gate Array; 書き換え可能な回路)技術があります。FPGAは、演算をハードウェア化することにより、回路の無駄が少なく非常に効率良く演算を実行することが可能です。そのため、高速かつ低消費電力のシステムが実現可能となります。演算をハードウェア化するには、特殊な言語 (VHDL) でアルゴリズムを記述する必要があります。当社では、VHDL言語を用いたFPGAベースのハードウェア開発を得意とし、他社にない性能および品質の製品を世に送り出しております。

画像取込

電子顕微鏡や、映像出力機器等の機器を制御し、映像信号をデジタル化する技術を有しています。

適用例:ICS Image Capture System

プログラマブル・アナログ回路設計

プログラマブルなアナログ素子(FPAA)を用いる事により、高密度なアナログ回路の実装を実現出来ます(同程度の回路構成で1/2の実装面積を実現)。また、プログラマブルな回路なので環境に合わせて、後から回路の機能を変更する事が可能です。当社ではこのような技術を有し、回路設計に当たっています。例:ハイパスフィルター,ローパスフィルター等、フィルター回路を後から構成することが可能です。

適用例:音響処理装置(RASP-II)

お問い合わせはこちら