画像処理・臨床検査・生産管理の株式会社システムインフロンティア

株式会社 システムインフロンティア

文字サイズ

flag

ホーム  >  製品紹介  >  Hard Components  >  たまご型マイクアレイ(TAMAGO-03)

たまご型マイクアレイ(TAMAGO-03)

たまご型マイクアレイ(TAMAGO-03)

たまご型マイクアレイ(TAMAGO-03)

TAMAGO-03は安価な手乗りサイズの8チャネルマイクロフォンアレイです。
大学や企業の研究機関の音響研究に最適です。

特徴

・USBにてPCと簡単接続/USBオーディオとして動作
・USB Audio Class1.0対応
・Windows/Linux/MacのOS標準ドライバで動作可能
・24bitリニアPCMの音声データ取り込み
・音源定位・音源分離・音声認識にはオープンソースのロボット聴覚ソフト(HARK)が利用可能

仕様

音声入力
 ・16kHzサンプリング
 ・8チャネル入力
 ・全チャネル同期サンプリング
 ・24bit分解能(リニアPCM)

動作環境
 ・Windows / Mac / Linux
 ・USB1.1以上のポートを持つPC

外形寸法
 ・高さ12cm

型番
 ・TAMAGO-03

バージョン情報


■TAMAGO-01(製造終了)
・初期ロット。

■TAMAGO-02
・基板の改版により、USBケーブルをなくしてコネクタにしました。
・軽量化しました。

■TAMAGO-03
・SN比が10dB以上向上しました。
・折り返しノイズを低減しました。


主な用途


- マイクロホンアレイの研究

活用事例


インフォコム株式会社様が開発された「聖徳玉子」に、TAMAGO-03が使用されています。


「聖徳玉子」のブログ紹介記事
https://lab.infocom.co.jp/2016/08/theta.html

「聖徳玉子」の紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=8zCsN3hCmLc

関連キーワード


- マイクロホンアレイ
- USB Audio Class1.0(UAC)
- HARK
- 音源定位
- 音源分離
- 音声認識

価格


- 29,800円(税別)

その他


- 2015.11 HARK講習会で採用されました
- 2016.03 HARK Wikiのサポートハードウェアに追加されました
- 2016.06 量産中、出荷を始めました(TAMAGO-02)
- 2016.07 ロボカップ世界大会:金沢工業大学のロボットに搭載されました
- 2016.09 TAMAGO-03をリリースしました
- 2016.11 インフォコム(株)様が開発されたTAMAGO-03を使用した「聖徳玉子」が、RICOH THETA x IoT デベロッパーズコンテストにて最優秀賞を受賞致しました


お問い合わせはこちら

ダウンロード

パンフレットダウンロード