画像処理・臨床検査・生産管理の株式会社システムインフロンティア

株式会社 システムインフロンティア

文字サイズ

flag

ホーム  >  製品紹介  >  Hard Components  >  音響処理装置(RASP-II)

音響処理装置(RASP-II)

音響処理装置(RASP-II)

音響処理装置(RASP-II)

RASP2は16chのマイク入力を持ち、多チャンネルの音声収録や、マイクロホンアレイを用いた音源定位、音源分離などの音響信号処理のプラットホームとしてご利用いただけます。 RASP2の基本構成は、CPUボード/アナログボード/信号処理ボードです。

特徴

◆ コンパクトな形状
 ハーフサイズのPCIスロット2つ分(ボードのみ)
◆ アナログ/デジタルともにプログラマブル
 アナログ

◇ 16ch同期サンプリング
◇ 最大64kHzサンプリング(可変)
◇ プログラマブルなアナログ素子(FPAA)を搭載


* マイクアンプ、アンチエイリアスフィルタをユーザー環境に合わせてカスタマイズ可能
* アンチエイリアスフィルタ以外にもバンドパスフィルタやハイパスフィルタも構成することが可能


 デジタル

◇ FPGAによるリアルタイム信号処理
◇ 1024タップ×16chのFIRフィルタ処理機能を搭載
◇ フィルタ係数は随時書き換えが可能


◆ 汎用CPUとFPGAによる分散処理
◆ 豊富なペリフェラル

. USB2.0、IEEE1394、Matrix LED、Full Color LEDなど


その他


※「RASP-II」の販売は終了しました

お問い合わせはこちら