画像処理・臨床検査・生産管理の株式会社システムインフロンティア

株式会社 システムインフロンティア

文字サイズ

flag

ホーム  >  製品紹介  >  Hard Components  >  音響処理装置(RASP-24)

音響処理装置(RASP-24)

音響処理装置(RASP-24)

音響処理装置(RASP-24)

RASP-24は24bitのA/DとD/Aを搭載した多チャンネルの音声出力が可能な小型の音声入出力システムです。
RASP-24はシステムボードと音声ボードをスタックして使用する構成となっています。
1枚の音声ボードには8ch、24bit分解能のA/Dコンバータと2ch、24bit分解能のD/Aコンバータが搭載されており、全チャネル同期して音声の入出力が可能です。
入力チャネル数はスタックする音声ボードの枚数により8ch、16ch・・・と増やすことが可能です。
RASP-24とPCとはネットワークを介して接続されます。
有線LANだけでなくUSB無線モジュールを接続することで無線LAN環境でも使用できます。
そのため設置する場所を自由に選ぶことができます。
すべての入出力が同期しているため単なるマルチチャネルの音響機器としての用途だけでなく、音源定位・音源分離・音声認識といった研究用途にも適しています。

特徴

・サンプリングレートはソフトウェアにより選択可能
 11.025 / 16 / 22.05 / 32 / 44.1 / 48kHz
・8ch、16ch、・・・音声入力(ボードをスタックすることで8ch単位での増設が可能)
・全チャネル同期サンプリング
・24bit分解能
・シングルエンド信号入力および差動信号入力に対応
・マイク用電源供給に対応
・入力ゲインはソフトウェアにより調整可能 
・2ch音声出力(A/Dと同期)
・24bit分解能 ⊿Σ方式のD/Aコンバータ搭載
・出力ゲインはソフトウェアにより調整可能
 0dB ~ -63dB(0.5dB刻み)およびミュート
・モニタ出力
 任意のチャネルのA/Dデータを直接D/Aから出力
・外部センサ同期ポート
 Word Clockの出力、他センサへのトリガ出力機能搭載

外部インターフェース

・LAN 1ポート
・UART 2ポート
・USBホスト 1ポート
・USBクライアント 1ポート


主な用途


- マイクロホンアレイの研究

関連キーワード


- マルチチャネルA/D
- マイクロホンアレイ
- HARK
- 音源定位
- 音源分離
- 音声認識

お問い合わせはこちら

ダウンロード

パンフレットダウンロード